case5

豪雪牧草地での風況観測用電源のDMFC燃料電池システムレンタルについて

概要

2021年
積雪予想状況:2m~3m
最低気温:マイナス18℃

場所
東北地方
観測期間
1年6カ月

その他

秋の予兆の中で:豪雪地帯への挑戦

この工事は、秋の落ち着いた季節に始まりました。葉が色づき始める中、私たちのチームは豪雪地帯における燃料電池設置の準備を進めていました。この地域は、冬には2メートルから3メートルの雪が降ることが普通で、その予測に基づいて、すべての工事計画が立てられました。

秋の穏やかな気候は作業には理想的でしたが、冬の過酷な条件を常に意識していました。燃料電池の架台を3メートルの高さに設計することで、冬の雪が降っても酸素供給を確保できるようにしました。この先見の明は、季節の変化に対応する柔軟性の重要性を教えてくれました。

牧草地に組み立て式のアルミコンテナを設置する作業も、秋の穏やかな日々の中で進められました。ドップラーライダーの空き箱やDMFC燃料電池のメタノール燃料を安全に保管するための準備は、冬の到来に向けた重要なステップでした。

熊が頻繁に出没するこの地域での工事では、秋の静けさにもかかわらず、安全が常に最優先事項でした。熊鈴を使用することで、私たちは野生動物との調和を図り、自然に対する敬意を忘れずに作業を進めました。

この工事を通じて、私たちは単に技術的な問題を解決するだけでなく、自然のリズムと調和しながら作業を進めることの大切さを学びました。秋の美しい景色の中で、冬の厳しい条件に備えることは、計画と準備の重要性を改めて認識させてくれました。

このプロジェクトは、季節の変化に対応するための工夫と、自然環境への深い理解を求めるものでした。この経験は、私たちにとって単なる工事以上のものとなり、自然との共生を考える新たな視点を提供してくれました。


Contact us

NTシステムズへのお問い合わせは、電話またはメールフォームから
03-5256-7725
受付|平日 9:00 〜 18:00