case6

豪雪地帯でのDMFC燃料電池システムでの燃料補給について

概要

2021年
DMFC燃料電池システム
積雪状況:2m
最低気温:マイナス20℃

場所
東北地方

その他

豪雪地帯でスノーモービルを使用してDMFC(直接メタノール燃料電池)のメタノール燃料を補給する業務は、多くの挑戦と苦労が伴います。まず、厳しい冬の気候と降雪による悪条件の中での作業は困難です。大雪により視界が悪くなることがあり、スノーモービルの操作も難しくなります。また、極低温下での燃料の凍結や、凍った地面上での燃料補給作業は、特別な技術と注意を要します。

DMFCシステム自体も寒冷地での使用には特有の課題があります。メタノールの凍結点は低いため、通常の環境下では凍結の心配は少ないですが、極端に低温の環境では燃料の保管や輸送に注意が必要です。また、燃料電池自体の性能も寒冷気候下では低下する可能性があります。これは、燃料電池の反応効率が温度に依存するためで、低温は化学反応を遅くし、出力を低下させる原因となります。

燃料の補給作業中には、メタノールの取り扱いにも細心の注意を払う必要があります。メタノールは有毒であり、皮膚や呼吸器の露出は健康リスクを伴います。そのため、適切な保護具を着用し、燃料の取り扱いには最大限の注意を払うことが重要です。

これらの課題に対処するために、スノーモービルやDMFCシステムの特別な改良が必要になることもあります。たとえば、燃料電池システムの断熱や加熱装置の追加、低温でも安定して動作する電子部品の使用など、特殊な対策が求められることがあります。また、スタッフの安全と健康を守るために、十分な訓練と準備が不可欠です。

このように、豪雪地帯でのDMFC燃料電池のメタノール燃料補給業務は、多くの困難と独特の課題を抱えています。しかし、これらの課題を乗り越えることで、寒冷地域での風況観測業務の安全の道が開かれることになります。


Contact us

NTシステムズへのお問い合わせは、電話またはメールフォームから
03-5256-7725
受付|平日 9:00 〜 18:00