case18

風況観測鉄塔とドップラーライダーの相関を上げる設置場所選定について

概要

2021年
MOLAS-B300、DMFC燃料電池システムレンタル
積雪状況:30㎝
最低気温:マイナス8℃

場所
四国地方
観測期間
2年

その他

ドップラーライダーの設置において、レーザーが鉄塔の影に隠れないような場所の選定は非常に重要です。レーザーは4本出ており、主風向と副主風向を考慮することが重要となります。これは、レーザーの信号が鉄塔などの障害物によって妨げられることなく、正確な気象データを収集するために必要です。

ドップラーライダーは、風の速度や方向などの大気の動きをリモートセンシングするために使用される装置で、特に気象観測や研究において重要な役割を果たします。レーザーを用いて大気中の微粒子の動きを追跡し、それによって風のデータを収集することができます。したがって、レーザーの設置場所は、信号の妨害を受けないように慎重に選ばれる必要があります。

山岳地帯でドップラーライダーを設置する際には、木々の成長によってレーザーが遮られる可能性も考慮する必要があります。特に山間部では、木々が急速に成長し、時間とともにレーザーパスを妨害することが起こり得ます。これは、平地や都市部での設置とは異なる特有の課題です。

したがって、レーザーの設置場所を選定する際には、将来的な木の成長を見越して、十分なクリアランスを確保することが重要です。また、定期的なメンテナンスとして、成長した木々の剪定や伐採を行うことで、レーザーが適切に機能し続けるようにする必要があります。これにより、ドップラーライダーは正確な気象データを継続的に取得し続けることができます。


Contact us

NTシステムズへのお問い合わせは、電話またはメールフォームから
03-5256-7725
受付|平日 9:00 〜 18:00